2021.1.3 2021.1.3 ライフ

「地上最強の商人」の実践プログラムの効果


受動的に生きているか、能動的に生きているか、完全に振り切ることはなくても、自分の人生をクリエイトすると、なんだかんだ楽しいです。
今回は、「地上最強の商人の実践プログラムってどうなの」「豊かになりたい」とお考えの方向けに、実際私も試してみたので、それについてお伝えしていきます。

本との出会い

「本って1,500円くらいが多いけど、高い本ってどれくらいするんだろう」と興味本位で検索してみました。

そして出てきたのが、地上最強の商人です。
「え、1万!?高っ!」と興奮し、中身が気になりすぎて読んでみることにしました。

 

地上最強の商人とは

アメリカの作家であり講演家でもあるオグ・マンディーノの著作「The Greatest Salesman in the World」の邦訳されたもので、京セラの稲盛和夫氏が監修者です。

「地上最強の商人」と謳われたアラブの大富豪が成功を収められたのは、偉大なる教えの書かれた巻物との出会いによるもので、そのストーリーがとにかくワクワクして引き込まれます。
オチも予想外で面白かったです。

その神秘の巻物を、読者も読み込んでいくという実践プログラムがついています。

商人と書いていますが、ビジネスに限らず豊かな人生にするための心得を学ぶことができます。
具体的な成功法が書いてある訳ではないですが、心が荒んでいながらテクニックで成功できたとしても、それは本当の意味での幸せとはいえないでしょうから、幸せになれる心を作り上げることはとても大切だと思います。

 

実践プログラムをやってみた感想

実践プログラムの内容としては、1ヶ月目に1巻を読み、2ヶ月目に2巻を読み、計10巻の巻物を毎日欠かさず朝昼晩と読むことです。
朝(起きてすぐ)と昼は黙読、夜(眠る前)は音読です。
眠る前は潜在意識にすり込みやすいので、言葉に発することが効果的です。

2020年3月〜12月の10ヶ月間、取り組みました。
はじめのうちは意識を持って読まないと、と思っていましたが、気がつけばほぼ無意識で読めていました。

大事なところは繰り返し記載されていることが多く、そのフレーズが読んでいないときでもふっと浮かぶようになりました。
読んでいると鼓舞されたり、心地よくなったりするので、10ヶ月終わったあとも、また1巻から続けようかなという気になります。

10ヶ月後に大富豪になれました!なんてことはもちろんないですが、結果的には前年度の年収の約1.5倍、増えていました。
幸せな大富豪の考え方、その基盤が若干できたような気はしています。

 

スマホの中に入れるのが便利

 
ハリーポッター並みに分厚いので、ほぼ1年間、朝昼晩と読むには持ち運びが大変かもしれません。

持ち運びが不便だなと感じるときは、出先でも読むことができる、Google翻訳のアプリが便利です。

App Store(iPhone)
Google Play(Android)

 

 
カメラ入力を起動して、読み込みたい画像を選択します。

 

 
本を開いてかざすと文字を拾ってくれ、すべて選択のボタンを押して矢印のマークをタップします。
(部分的に選択したい場合は、指で必要箇所をなぞります)

 

 
本の文章がテキスト化されたらコピペし、スマホのメモ帳に貼り付けることができます。
ただ、一部表記が誤って変換されているところもあるので、そこは確認して打ち直す必要があります。
面倒くさいし、ページを撮ったままの写真で十分という方はそれでいいのですが…

本以外にも、資料や看板もカメラをかざすだけで瞬時に翻訳してくれるので、色んな場面で活用できます。

 

 

さいごに

この本を1冊買うのに、通常なら5~6冊ほど買える値段ですが、それだけの価値はあると感じました。
ソフトバンク社長の孫さんも「実践する価値がある」と推薦されているほどなので、気になった方はぜひ実践してみてください。

share