• イラストやデザインで稼ぐための第一歩【小さな成功体験】

2021.6.22 2021.6.22 イラスト

イラストやデザインで稼ぐための第一歩【小さな成功体験】

 
会社に勤務していたら仕事がない!と困ることはありませんが、個人で0から稼ぐとなると、一気にハードモードです。
今回は、「自分の力でイラストやデザインの仕事を獲得したい」という方向けに、仕事獲得のための第一歩についてお話しします。

小さな成功体験(実績)を積む

イラストやデザインでやってみたい仕事、夢があっても、経験・実績がないとイメージが湧かず、どうしていいかわからないと思います。
そのためにはまず、最初は単価が低くても個人で仕事を請ける経験をして、実績を作ることから始まります。

自分が作った制作物で報酬が支払われた、という自信と実績が、次なるステップアップに繋がります。
依頼する側に立ったとしても、自信がある人とない人がいたら、前者の人にお願いすると思います。

そしてそれを繰り返していくうちに、実績が実績を生んでくれるようなイメージになります。

 

個人で稼ぐ経験ができるサイト2選

クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドワークスは、クライアントが「こんな仕事をお願いしたい」と募集しているので、それを見て気になったものに応募するという形です。
ロゴや電子書籍の表紙など、イラストやデザインに関する案件もたくさんあります。

チラシやロゴ、商品パッケージなど作成しましたが、特に問題なくスムーズにやり取りできました。

また、クラウドワークスのプロフィールにはダイレクトメッセージ機能もあるので、直接依頼相談の連絡がくることもありました。
一社とは今でも直接契約を結んでいるので、プロフィールをサイト上に載せておくだけでも効果的だと思います。

 

ココナラ

ココナラ

ココナラは、「こんな仕事ができます」とこちらがサービス内容や料金を掲示して、クライアントがそれを見て購入するという形です。
190万人のユーザーがいるので、集客の面でも助かります。
似顔絵やSNSアイコン、プレゼント用のイラスト、ロゴやバナーなどが人気のようです。

初めて似顔絵が売れて納品したときは、めちゃめちゃ喜んでもらえたのを覚えています。
トータル時間を時給換算したらバイトした方がマシですが、それでも実際に当時は「自分の絵でこんなにもらってええの!?」「こんなに感謝してくれるの!?」と仕事する上で自信になりました。

 

さいごに

まずはサイトに登録などして、クライアントの要望を聞いて納品、そして報酬をいただくという一連の流れを経験することが自信に繋がります。
イラストやデザインに限らず、大きな目標を達成するためには、小さな成功体験を積んでいくことが大切なので、お互い頑張っていきましょう!

share