2021.3.21 2021.3.21 デザイン

画像の画質を上げる方法【無料で簡単】

 
クライアントに画像を提供されたときに、納品サイズに対して画像が小さかったり、画像をアップするときに必要なピクセル数が足りてなかったりすることがあります。
今回は、Adobeソフトがなくても「画質を落とさずに画像を拡大したい」という方向けに、オススメのサイトをご紹介します。

画像をキレイに拡大するサイト「kakudaiAC」

kakudaiAC

kakudaiACでは「ESRGAN」というGAN(敵対的生成ネットワーク)をベースとした人工知能技術を用いています。

GANとは、Generator(生成)とDiscriminator(識別)の2つのネットワークを互いに競い合わせることで精度を高め、新しい擬似データを生成するAIの一種です。

通常、画像をそのまま拡大すると粗くなってしまいますが、このGANというAI技術を活用することで、画像の細部を自動で補い、画質を上げて拡大することができます。

 

拡大方法と例

拡大したい画像(JPGまたはPNG)をアップロードして、クリックするだけで簡単に画質を上げることができます。

サイズは2倍、4倍、8倍、16倍まで拡大することができます。
ノイズがある場合はノイズ除去をONに、画像がボヤけていてシャープにしたい場合はシャープをONにします。

1日2回まで(無料会員登録をすると5回まで)利用することができます。

 

写真の場合

 
私の歯形ネックレスの写真を拡大してみました。
 

 
画像の一部を拡大するとその違いがハッキリわかります。
元の画像のノイズやボヤけている部分がキレイになって、これでサイズも2倍になっているとは恐るべしAIです。

 

イラストの場合

 
イラスト画像も試してみました。
 

 
イラストの場合でもボヤけている部分がくっきりしています。
デジタルで描いているとベクター形式なので大きさはいくらでも大きくできますが、アナログで描いたものはなかなか難しいと思うので、これは便利です。

 

さいごに

今までPhotoshopでシャープをかけたりコピースタンプツールを使って馴染ませたり、労力をかけても画質を上げることはやっぱり難しくて大変な作業でした。
でもAIの発達で、大幅に時間短縮できて仕上がりもキレイで、人間の作業的な時間はこれからも削られていくと改めて感じました。
画質もさらに上がっていくでしょうし、また新たな加工技術が出てくるのが楽しみです。

クリエイティブのことだけに注力できて、究極的にはアイデアさえ浮かべばAIが実現してくれる、なんて遠い未来を妄想した次第です。

share