• アロマテラピーで制作や作業がはかどる+αの効果

2020.12.16 2020.12.16 人生

アロマテラピーで制作や作業がはかどる+αの効果

 
アロマというと、リラクゼーションサロンや無印良品などで香ってくるイメージがありますが、実はその香りにはすごい効果があります。
今回は、「作業効率を上げたい」プラスα「風邪を引きたくない」「肌をキレイにしたい」というお悩みにも効き目もあるので、併せてお伝えしていきます。

アロマテラピーとは

 
アロマテラピーは、大量の植物から抽出したエッセンシャルオイル(精油)と呼ばれるものを使った自然療法です。
自律神経を整えたり、鎮静作用など、さまざまな効果があります。

五感の中で唯一、嗅覚は脳の感情・本能を司る「大脳辺縁系」に直接伝わるので、効果的に脳を刺激することができます。

 

作業効率を上げるためのアロマ

集中力をアップさせたい

レモン、ペパーミント、ローズマリー

ボーッとしたり、ダラダラしてしまうとき、爽快感のあるアロマが効きます。
脳を活性化させ、シャキッとさせてくれます。
ペパーミントはガムの味のイメージがありますが、眠気防止にも役立ちます。

※ラベンダーのアロマを使うと、逆に安眠の効果があるので注意

 

リフレッシュしたい

イランイラン、オレンジ、ティートゥリー

長時間仕事をしていると、疲れてきてリフレッシュしたくなりますよね。
心機一転、元気になり気持ちを切り替えてくれるアロマです。

 

ブルーな気持ちを明るくしたい

カモミール・ローマン、ジャスミン、ローズ

何らかの出来事でブルーな気持ちになり、仕事が手につかなくなることもあると思います。
深い悲しみや不安を落ち着かせて、幸福感をもたらしてくれます。

 

その他の効果

風邪予防・対策

ユーカリ、ペパーミント、ティートゥリー

風邪を引くと一気に生産性が落ちてしまいます。
フリーランスの場合特に、自分が動けなくなっても代わりにサポートしてくれる社員などいないので、自己管理には気をつけないといけません。

冬は特に風邪を引きやすい季節なので、殺菌力があり、免疫を高めてくれるアロマで予防しましょう。

また、風邪を引いてしまっても改善してくれます。
抗ウィルス作用があり、ユーカリは気管支、ペパーミントは鼻づまりに効果的です。

 

アンチエイジング

ゼラニウム、ローズ、イランイラン

ホルモンバランスを活性化させ、肌にツヤが出て美肌にしてくれます。
更年期にも効果があるといわれています。

 

アロマディフューザーで拡散

 
アロマディフュ―ザーを使うと、部屋の空間全体にミストを行き渡らせることができます。
空気清浄や、風邪やインフルエンザの予防したいときはもってこいです。

また、アロマディフューザーには加湿機能は見込めないといわれています。
ですが、ドアを閉めて空間の範囲を狭めているのもあると思いますが、個人的には大きめのものだと加湿器としても使えています。
つけていないときは顔が乾燥しますが、つけていれば大丈夫です。

上図のロゴが入っていないタイプのものを使っているのですが、開口が広くてミストが広がりやすく、間接照明にすることができる点も気に入っています。

 

変わり種のアロマ

 
変わり種のアロマを使ってみましたが、金木犀の方はちょっと甘すぎに感じ、水に関しては、ブルーレットおくだけでした(トイレ用のアロマ!?)

他にも、お米やグリーンティー、コーヒーなど、飲食関連のものも販売されています。

好きな香りだと気分もリフレッシュすると思いますが、アロマティックオイルなど、エッセンシャルオイルではないタイプのものは鎮静作用や殺菌作用などの効果は得られません。
あくまでも香りを楽しみたい方向けですね。

 

さいごに

ひとつのアロマでも色んな効果があり、被っているものもありましたが、得たい効果のアロマで、身も心も万全でいきましょう。

share