• おすすめの2人用ボードゲーム5選【飾りたくなるおしゃれなデザイン】

2021.12.4 2021.12.4 デザイン

おすすめの2人用ボードゲーム5選【飾りたくなるおしゃれなデザイン】

 
ボードゲームといえば「オセロ」「人生ゲーム」などを思い浮かべる人が多いと思います。
ですがボードゲームはバリエーション豊かで、2万種類以上にも上ります。
今回は、「2人でも盛り上がるボードゲームが知りたい」「おしゃれなボードゲームがほしい」という方に、おすすめのボードゲームをご紹介します。

LINE4 / 立体四目


球を順番に棒に差して置いていく、立体的な四目並べゲームです。
自分の球を、縦・横・斜めと4つ直線で並べた方が勝ちです。
自分が4つ揃えることばかりに気を取られていると、相手が先に揃ってしまうことがあるので、邪魔することも頭に入れ、俯瞰的に見る力も試されます。

デザイン的にはころころしたオリーブのような形が可愛らしくてあたたかみがあります。
ころころし過ぎて箱から出した瞬間ぶちまけたので取り出しには気をつけてください。(私だけ?)

 

Second BEST / セカンドベスト

 
ボードに自分のコマを4マス連続で並べて置くか、同じマスに3個重ねて置くことができた方が勝ちとなるゲームです。
このゲームの特殊なルールとして、相手に「セカンドベスト」と言われたら、その場所ではなく違う場所に置かないといけません。
最善の一手を封じられて考えなおしながら進めていくので奥が深いです。
「セカンドベストー!」言い過ぎてウザがられました。

パッケージもアンティークな雰囲気がおしゃれです。

 

ガイスター

 
ボード上で順番にオバケのコマを動かし、赤いオバケなのか青いオバケなのか勘づかれないようにしつつコマを取ったり取られたりしながら、青いオバケを相手側の出口から脱出させるゲームです。
もしくは相手の青いオバケを4体取るか、赤いオバケを4体取らせても勝ちです。

この子は青いの?赤いの?と探り探り進めていく心理戦が面白いです。
やっぱりこのシンプルで可愛いオバケのコマがそそられますね。

 

KLASK / クラスク

 
これはめちゃめちゃ盛り上がるのでオススメです!
ホッケーゲームのように台の下から磁力を使ってコマを動かし、黄色い玉を相手側のゴールに入れたり、白い磁石障害コマを敵の黒いコマに付着させたりするゲームです。
自分の黒いコマがゴールにが入っても負けで、慣れない内はドボンしまくりでした。
また、若者が先攻というあまり見ないルールが説明書に書かれていました。
 

 
クラスクの公式YouTubeでゲームの動画がアップされていました。
渋谷のボードゲームカフェ「JELLY JELLY CAFE」で遊んだのですが、台の青い部分がいい感じにグラデーションがかってるー!と思いきやハゲてただけでした。

 

PARIS / パリ-光の都-

 
パリの町並みを土台からボード上に作っていき、より高い点数を競うゲームです。
前半戦は敷石タイルを配置したり得点となる建物タイルをゲットしていきます。
後半戦は配置した敷石タイル上に、建物タイルを置いていきます。
自分の陣地マス(オレンジorブルー) や中立マス(紫)と、置ける建物タイルの形を計算しながら進めていかないといけないのでなかなか難しかったです。

とにかく世界観があってポストカードのイラストも可愛過ぎて、いくつかまとめて壁に飾りたくなりました。
そして遊んでいると自分も新たなボードゲームを考えたり、そのイラストを描きたいという気持ちも芽生えました。

 

さいごに

テレビゲームはテレビに向かってやりますが、ボードゲームは人と向かい合ってやるので、よりコミュニケーションが取れる気がします。
相手の表情や言動を読んで、駆け引きするのが面白いですね。
ポーカーフェイスとは真逆なので遊びながら鍛えることができそうです。

またデザインの観点でも、インテリアになったりパッケージもおしゃれなボードゲームも多くて勉強になります。
気になったボードゲームがあればぜひとも遊んでみてください。

share