• RGBが印刷で再現できる、おすすめの印刷通販・同人誌印刷所3選

2022.2.17 2022.5.13 デザイン

RGBが印刷で再現できる、おすすめの印刷通販・同人誌印刷所3選

 
画面上ではパキッとしたキレイな色なのに、印刷すると色がくすむ問題…私もかつてはやむを得ないと諦めていました。
そこで今回は、「デジタルイラストなどRGBの発色を印刷で再現したい」という方向けに、RGB印刷ができる印刷通販、同人印刷所をご紹介します。

RGBとCMYKの違い


RGBとは「光の三原色」のことで、赤(Red)・緑(Green)・青(Blue)の頭文字の略です。
3つの光を混ぜ合わせることで明度が増すため、加法混色といいます。
3つすべて混ぜ合わせると白色になり、0の場合は黒色になります。

  

CMYKとは「色の三原色」のことで、シアン(Cian)・マゼンタ(Magenta)・イエロー(Yellow)・キーカラー/ブラック(Key color)の頭文字の略です。
3つの色を混ぜ合わせることで明度が減少するため、減法混色といいます。
キーカラーとはブラックのことで、3色を混ぜ合わせてもキレイな黒色にならないため、ブラックを足して表現します。

 

実際に比べてみた

実際にRGBカラーで作成したものを、それぞれRGB印刷、通常のCMYK印刷をして比べてみました。

 
やっぱりRGB印刷はキレイですが、CMYK印刷は沈んだ印象です。
一般的にRGBカラーをCMYKカラーに変換すると、色味が暗くなってしまいます。
これは色の表現できる幅に違いがあり、CMYKカラーはRGBカラーよりも色の範囲が狭いのが理由です。

 

RGB印刷ができるおすすめの印刷所3選

印刷の通販グラフィック

印刷の通販 グラフィック

業界トップクラスの会員登録数、品揃えがある印刷所です。
200種類以上から選べる用紙が取り揃えてあり、デザインや用途に合わせて選ぶことができます。
また、ExcelやPowerPointなどのOfficeデータ入稿や、Aiから直接入稿して待ち時間なしで納期が確認できるサービスがあります。
2,000円以上の購入で全国送料無料になります。
 

■価格参考(中綴じ冊子フルカラー)

サイズページ数納期部数価格(税込)
B512P5営業日着50部23,340円

 

同人誌印刷ペンタロー

同人誌印刷ペンタロー

高品質ながらも低価格で10部単位から作ることができ、全国送料無料なのでコスパ良しです。
ペンタローのサイトで使えるポイントの還元率が10%なので、ビックカメラばりにどんどんポイントが溜まっていきます。
また、初めて印刷物を作る方や、わからないことがあるけど電話はしにくいという方用に、お問い合わせ窓口としてLINEの友だち登録すると、ペンタローくんが対応してくれるというサービスがあります。

■価格参考(中綴じ冊子フルカラー)※「RGB対応中綴じ製本」以外はCMYK印刷です。

サイズページ数納期部数価格(税込)
B512P5営業日着50部13,767

 

同人誌印刷所おたクラブ

同人誌印刷所おたクラブ

RGBデータの再現性を高めるための専用の機械で、紙の印刷だけでなく、アクリルキーホルダーやマグカップなども鮮やかに印刷してくれる印刷所です。
土日祝日も営業日にカウントできるので、急ぎの場合にも助かります。
さらに店舗引取限定ですが、超短納期で対応してくれます。
 

■価格参考(中綴じ冊子フルカラー)

サイズページ数納期部数価格(税込)
B512P5営業日着50部17,460円

 

さいごに

印刷物を制作するときはCMYKカラーを使用することが常識でしたが、RGBカラーを紙に再現という常識を覆してくれて、技術の進歩はすごいです。
私もデジタルでイラストを描いていますが、Web用にRGBで描いたものを印刷用にも使いたいというときでも、カラー変換せずそのまま使えて便利です。
色にこだわりたいという方は「RGB印刷」を試してみてください。

share

New Article